FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:事務のおばちゃん
初登場、事務のおばちゃんです。

先週、お付き合いのある淡路島の印刷会社さんからどぉ~んと玉葱を頂きました。
社員で分けて持ち帰り、週末その玉葱を使って夕飯を作りました。

玉ネギサラダ

The 玉ネギ

うちの畑で採れたキュウリと合わせて「玉ネギサラダ(レモンた~っぷりバジルソースで)」と、
超簡単「The玉ネギ」です。
玉葱を半分に切り、コンソメを少量ふりかけてレンジでチン。そのあとフライパンで両面焼いて、
仕上げにお醤油を垂らして出来上がりです。

5分もあれば作れる一品です。

皆さんも今晩いかがですか
DATE: CATEGORY:安居
お客様のもりかわ農場様のマネをして去年からはじめた
水稲苗代栽培。ビニールトンネルを作らずに不織布の
シートを掛けただけのやり方で、2年目の今年も何とか
うまくいきそうです。ビニールハウスを作る馬力も無い
し、お金と手間がかからず楽々。去年より少し工夫を
した事と天気がいいので、苗もすくすく育っています。
シートをめくる日が楽しみです。
話は変わって、先日、お客様の理髪店で大型犬のペット
が死んでしまった事を聞きました。散髪をしてもらい
ながら最期の様子の話を聞くのですが、涙が止まりませ
んでした。1週間前の事で少しは気持ちが楽になったそ
うですが、1ヶ月経てば深い悲しみもずいぶん忘れられるそうです。
こんなとき人間は忘れる動物でよかったですね。
うちの猫も10年目になります。その話を聞いて今まで
よりも可愛がっています。
DATE: CATEGORY:たっち
「春ってどんな服を着たらいいのかわからない」〝たっち″です。
 
平成26年4月15日、長浜市高月町渡岸寺で観音の里春まつりが開催されました。

奥びわ湖観光協会高月支部長を預かる私は、実行委員長ということで、特に天気を心配していましたが、天気予報の「曇りのち雨」が大きくはずれ、快晴の一日になりました。桜の咲いた渡岸寺観音堂境内では、今年小学校に入学する新1年生の子どもたちが、交通安全や学業成就を祈願しての福餅まきをしてくれました。

DSC04791_convert_20140415221359.jpg

その他にも振舞い餅つき、振舞い甘酒、懐かしのかき餅焼き体験など盛沢山のお祭りです。もちろん各種模擬店も多数出展頂き、大いに賑わいました。

DSC04753_convert_20140415222029.jpg

今年1月19日にデビューした長浜ご当地ユニット「Can’ce浜姫」たちにもお手伝いいただき、大変盛り上がりました。

DSC04783_convert_20140415221604.jpg

DSC04763_convert_20140415221720.jpg

前日準備の雨風のひどい天気時には「誰の日頃の行い?」など冗談交じりに話していました。

当日快晴になったことで、「支部長の日頃の精進のお陰や」「支部長は何か持ってるなぁ」などと言ってくれる人もあり、喜んでいましたが、翌日、来年のまつりのためにと今年の準備物などの手配や数量など整理していると、如何に自分自身が何もしていないことに気づき、また逆に他のスタッフのメンバーが本当によく動いてくれたことがわかり、改めて皆さんのお陰を感じました。

この日は、頑張ったスタッフの皆さんや若い人たちのために観音さまが晴れにしてくださったのかな。
DATE: CATEGORY:立花
~美しき世界は 感謝の心から~

ヤンマー株式会社の創設者「山岡孫吉翁」の言葉です。

高月小学校「大地球儀・グランドピアノ修復事業」お披露目会に招待頂いたので、出席させていただきました。

DSC04720_convert_20140301164729.jpg

DSC04729_convert_20140301165241.jpg


大地球儀とグランドピアノはいずれも地元出身の「山岡孫吉翁」が、大地球儀は昭和28年に、ピアノは昭和32年に寄贈されたものです。

子どもたちに欧州諸国の話をするために、大地球儀を造らせたそうです。

時代とともに痛みがひどくなったので、今回多くの方の協賛金により修復がなされました。

私は高月小学校卒ではありませんが、小学生の頃、社会見学で大阪のヤンマー工場へ行き、大きな社員食堂で生卵入りのカレーライスを初めて食べたことを今でも覚えています。

当時は旧高月町内すべての小学校が毎年社会見学に訪れ、生卵入りのカレーライスをご馳走になったそうです。

先日、70歳を過ぎた方と「ヤンマーの社会見学でカレーライスをご馳走になった話」をしたら、その方も「わしらも、社会見学でヤンマーでカラーライスをご馳走になったんや」ということ。

社会見学がいつまで続いたか知りませんが、ずいぶん長い間受入をされていたのだなあと感心しました。

「子どもは地域の宝」

高月町内すべての小学校にはヤンマーさんが寄贈された「美しき世界は 感謝の心から」が刻まれた石碑があります。

石碑convert_20140301165411


未来を託す子どもたちを大切にし、世界と感謝の心を教え続けた山岡孫吉氏。

農家の方が少しでも楽にならないかと小型ディーゼルエンジンを開発した山岡孫吉氏。

企業としての「社会貢献の在り方」のお手本がこんなに身近にあることに、そして山岡孫吉翁に感謝です。
DATE: CATEGORY:たっち
今年、誕生日が来たら50歳になってしまうのかと思うと、
がっかりしてしまう「たっち」です。

いよいよ長浜市内で黒田官兵衛博覧会開幕です。

昨日、オープニングイベントがあり、私も実行委員会イベント委員ということで参加いたしました。

NHK大河ドラマ官兵衛の祖父重隆役の竜雷太さんや16代黒田家当主黒田長高さんも来られ、テープカットが行われました。また、オープニングイベントでは長浜ご当地ユニット「CAN’CE浜姫」のデビューライブもあり、大変盛り上がりました。

DSC04680_convert_20140120085209.jpg

DSC04683_convert_20140120085353.jpg

DSC04695_convert_20140120085512.jpg

DSC04714_convert_20140120085615.jpg

黒田官兵衛は長浜では生まれておりませんが、長浜市木之本町黒田が黒田家発祥の地ということで黒田家譜に記されているそうです。
また、官兵衛自身も賤ヶ岳の合戦にも関わっていることがわかったそうで、ゆかりのあるこの地での博覧会です。

黒田官兵衛は本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれた時に、豊臣秀吉に信長の仇を討つように進言したといわれ、中国大返しを成功させたとされています。
この時、官兵衛36歳ぐらいでしょう。

戦国時代、人の寿命は短かったようですが、黒田官兵衛は享年59歳。

戦国時代であれば、私もあと9年の人生なのか?

それにしては、何も成し遂げていない自分が情けないようにも思えます。

がんばらねば。

何を?

やはり仕事でしょ!

copyright © 2018 谷口印刷営業マンブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。